初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方

ダイコンの栽培のポイント|根が良く伸びるように、土を耕す

投稿日:

さまざまな調理法のあるダイコンは、家庭菜園でも人気の野菜です。
良く使用する野菜だからこそ、自宅で育てて家計の助けにしましょう。
今日は、そんなダイコンの栽培ポイントを紹介します。
■ダイコンは直根性。根が良く伸びるように、土を耕す
日当たりの良い場所、水はけの良い土壌が理想です。
種まきの2週間前には、苦土石灰などを使用し、酸度の調整を行った上で、良く耕します。
種まき直前には、深さ30センチ程度まで掘って良く耕します。
この際、土のかたまりや、石などは全て除去しておくようにしましょう。
その後、畝を作って種まきを行います。
この時、1平方メートルあたり完熟堆肥を2キロ、化成肥料100グラムを入れ、
畝は幅1メートル、高さは5センチ程度の2条にするのが理想です。
■マルチングが重要
生育初期の保温、保湿のため、マルチングを行います。
フィルムを敷いた後は、それが風で飛ばされないようにするため、
周囲に土を盛ってください。
種まきは、このマルチフィルムに条間45センチ程度、
株間30センチ程度の植え穴を開けて点まきします。
この作業は意外と大変な作業となりますので、あらかじめ、
ダイコンの植え穴のある、マルチフィルムが市販されているので、
そちらを利用すると良いでしょう。
■ベタ掛け資材も忘れずに
種は、1箇所4粒?5粒程度の点まきにして、覆土は薄く行います。
その後、不織布を使用してベタ掛けにし、良く留めておきます。
保温や、保湿効果はもちろん、苗の鳥害や、害虫の飛散を防ぐ目的で使われます。

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイコンの収穫のタイミング|種まき後、2ヶ月ほどで収穫することができます

ダイコンの種まきは、春まきの場合は4月中旬頃に、 秋まきの場合は9月頃に行います。 どちらの場合も、畝に種まきを行った後は、不織布を使用し、 ベタ掛け資材を掛けて育てていきます。 これは、鳥害や、害虫 …

no image

ダイコンの栽培ポイント|スプラウトとしてかいわれ大根もおもしろい

ダイコンの発芽は早く、3日?1週間もすれば双葉が見られます。その土地の気候や、季節などにもよりますが生長を早く目に出来るのは家庭菜園をやっている方にとって「喜び」でもありますよね。 こうして出来た双葉 …

no image

ダイコンの種まきと土作り|直根性の野菜なので直播栽培で育てます

ダイコンは、5度?32度と、生育できる気温の幅が広いのが特徴ですが、 適温は大体、17度?21度の比較的、涼しい時期となります。 直根性の野菜になるので、移植栽培ではなく、直播栽培で育てます。 育苗に …

no image

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、 さまざまなところに分布します。 日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、 このダイコンは、中国より渡来したものです …

no image

大根の収穫|おいしいダイコンの育て方

秋にまくダイコンは、品種にもよりますがまだまだ暑い8月よりも、9月に入ってから種をまいたほうが育てやすいです これは虫も少なくなるし、雨も多くなるので水の管理もやりやすくなるからです 収穫は種まきから …

カテゴリー

最近のコメント