初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方 家庭菜園の土作り

大根の畑の準備・土つくり|おいしいダイコンの育て方

投稿日:

秋まきダイコンの畑の準備は種まきの2週間前までに行います
ナスやピーマンなどの夏野菜を片づけたら
完熟堆肥をすきこんでおきます

紀州産杉ヒノキ樹皮原料のバークたい肥バーク堆肥14L

スポンサーリンク

紀州産杉ヒノキ樹皮原料のバークたい肥バーク堆肥14L

うねに堆肥をまいて、土を耕しながら混ぜていきます

ダイコンやニンジンなどの根の野菜は
土をやわらかくよく耕しておくのが
おいしい野菜を作る栽培のポイントです

25cm以上耕しておけば、
まっすぐないいダイコンが収穫できます

⇒大根の肥料の与え方

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの …

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

no image

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、 さまざまなところに分布します。 日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、 このダイコンは、中国より渡来したものです …

no image

ポイント2 うねを高くして水はけをよくする|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で育てるほとんどの野菜は過度の湿気を嫌います 水はけがわるく、いつまでも湿り気のある土は、野菜の根が傷み、いろいろな病気の発生の原因となります 排水性をよくするのであれば土をよく耕して、土の中 …

カテゴリー

最近のコメント