初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

大豆は野菜?それとも穀物?|収穫時期によって分類されます

投稿日:

あまり知られていない事実ではありますが、実は、大豆と枝豆は同じ種類の植物です。
枝豆は種まき後、約90日間生長することで収穫が出来る子実、
大豆は種まき後、120日以上生長することで出来る種子となります。

スポンサーリンク

枝豆
この大豆と枝豆のように、収穫期の違いによって、野菜に分類されるもの、
穀物に分類されるものがあります。

大豆と枝豆では、食べ方も大きく異なりますよね。
野菜と定義される枝豆は、取ってすぐの段階で塩ゆでして頂きますが、
大豆の場合は、加工されるものです。

乾燥、貯蔵され、納豆、豆腐、味噌、醤油などとなります。
また、その大豆を発芽すると、穀物ではなくまた、野菜であるマメモヤシとなります。

スポンサーリンク

トウモロコシにも同じような事が言えます。
種子の未熟なうちに収穫をする、スイートコーンは野菜であり、サラダなどに使われます。

しかし、成熟するまで育てればトウモロコシ、穀物となりますね。
面白い話ですが、穀物と野菜にはこのような深い関係があるんです。

更に最近では、穀物アレルギーの方に対応する食品として注目されている、
アマランサスという食品があります。

このアマランサスは、種子を穀物として食べることが出来ますが、
葉・茎の部分は、野菜として定義されており、同じ植物であっても、
利用する場所に応じて、穀物・野菜の分類が違ったりもします。

穀物、野菜は難しい判別になることも多くあります。
大豆は穀物、モヤシや、エダマメは野菜、深い話となりますが、
食文化の上で、このような活用がされてきた事は本当に凄い事なんだなと感じさせられます。

⇒エダマメの育て方

⇒トウモロコシの育て方

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

no image

ヨトウムシは漢字で夜盗虫|夜行性の幼虫でアブラナ科野菜を食害する害虫

私のハクサイの失敗は、ヨトウムシに原因がありました。 このヨトウムシは、ハクサイや、ダイコン、キャベツなどの、 アブラナ科の野菜を食害する被害の大きい害虫であることが分かりました。 アオムシであれば、 …

no image

栽培時期による野菜の分類|家庭菜園で季節の野菜を育てよう

野菜には、いろいろな分類方法がありますが、季節で分ける方法も一般的です。春作と呼ばれる春野菜、夏作と呼ばれる夏野菜など、それぞれの野菜について、詳しく紹介して行きたいと思います。 ■春野菜 暖かい地域 …

no image

家庭菜園でミミズが繁殖|土にとってよい影響があります

農薬・除草剤などは使用せず、有機肥料のみを使用すると、 土の中の腐葉をエサとする、ミミズがたくさん繁殖します。 『ミミズの糞』と言う肥料も出ているくらいで、ミミズは、 土にとって良い影響があります。腐 …

no image

旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

野菜というのは、一般的にでんぷん質を多く含みませんので、私たちが主食とする米からすれば、低カロリーとなり、ダイエットにも良いと言われています。 しかし、例外として豆類・イモ類があります。これらは、穀物 …

カテゴリー

最近のコメント