初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

直播したほうがいい野菜|軟弱な野菜や直根性の根菜類

投稿日:

直播栽培は、畑・プランター・コンテナなどの土に直接種を蒔き、
そのまま収穫まで、生育させる栽培方法になります。

栽培期間の短い軟弱な野菜や、ダイコンなどの直根性の根菜類は、
直播栽培であることが絶対条件となります。

スポンサーリンク

これに当てはまらない野菜であれば、直播栽培は勿論、
移植栽培と呼ばれる苗を購入し植え付ける方法なども、用いることが出来ます。

直根性の野菜とは?

直根性の野菜というのは、その名前の通り、根が真っ直ぐ下に向かって
伸びていく野菜のことです。そして、その根を収穫する野菜が属します。
ニンジン、カブ、ダイコンなどがその仲間です。
家庭菜園 ニンジン
何故、直播栽培でなければならないのか?というところですが、
これらの野菜を移植することになると、根が傷み、根が分かれてしまったりと、
品質が悪くなることがあるためです。

スポンサーリンク

また、注意しなければいけないのは土を良く耕すことです。
石や、土の塊などの障害物があると、根が分かれてしまう事がありますので、
又根とならないよう、綺麗に土を耕してから種を蒔きましょう。

軟弱野菜とは?

軟弱野菜は、収穫した後に鮮度が落ちやすい野菜のことです。
例えば、小松菜やほうれん草、ミズナなどが挙げられ、
日持ちが悪い野菜と考えてください。

これらは、栽培期間が1ヶ月-1ヶ月ちょっとほどと短い野菜であるため、
直播栽培が必須となります。
家庭菜園 ホウレンソウ
苗を育てても育てられないことはありませんが、育苗はほとんど意味がなく、
作業を増やすだけになってしまいます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

家庭菜園 ホウレンソウ

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、 直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。 スポンサーリンク

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの種まき|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの種は1か所に3粒ずつまいて、土をかけたら手で軽く押さえます 種をまく深さは1-2cm程度です。 種をまく間隔は列の幅を45㎝にして30㎝ごとにまいていきます。 とうもろこしの種をまき終わ …

no image

種の発芽に必要な条件|家庭菜園の種まき

野菜を育てる上で、「発芽」という言葉を良く耳にすると思いますが、発芽というのは、どういう事を言うのか、正しく知っている人は少ないと思います。 まず、発芽についてですが、多くの人はただ芽が出ることと解釈 …

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

カテゴリー

最近のコメント