初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

種まき

家庭菜園で4月に種まきする野菜|霜には注意が必要

投稿日:

場所によっては、まだまだ霜に気をつけなければならない4月ですが、
春まきの葉根菜類などは、種まきの適期を迎えます。

ラディッシュ・レタス・ネギ・小松菜・ほうれん草・春菊などの野菜が
当てはまりますので、色々種をまいてみると良いでしょう。
家庭菜園 ホウレンソウ

スポンサーリンク

どの野菜を育てる場合もまずは、鍬幅の深さ10センチほどに溝をつくり
中に完熟堆肥・油粕・化成肥料を入れ、埋め戻します。

その後、深さ4センチ?5センチほどの溝にして平坦になるよう、
まき溝を作っていきます。

土が乾燥している時は、かん水を行った後に種まきをします。
ネギなどの発芽しにくく、育ちが遅い野菜の場合は、土をかける時に、
薄くかぶせるようにしてください。

また、その上に細かく砕いた完熟堆肥や、稲わらを敷いておきます。
こうすることで、乾燥を防ぐことが出来、降水からも守ることが
できます。

スポンサーリンク

4月に種をまける果菜類は、トウモロコシ・エダマメ・カボチャなどです。
こちらは、3号のポリ鉢を使って市販の育苗用度を入れ、
種まきを行います。

家庭菜園 トウモロコシ

発芽するためには、25度以上の気温が必要となりますので、
寒い間はビニールフィルム、ビニールトンネルを使って保温します。

オクラを育てる場合は、4月よりも5月の方が適期です。
高温性であるオクラは、更に高い温度を好みますので少しポカポカしてきた
5月頃を狙って種まきをするようにしてください。

家庭菜園 オクラ

食卓にも並べやすく、夏野菜を食べることのできる作物も多いので、
是非、この時期に色々な種類の野菜を育て始めてみてくださいね。

スポンサーリンク

-種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

野菜つくり

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、 この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。 スポンサーリンク 目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きけ …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

no image

葉菜類の栽培のポイント|白菜やリーフレタスは直播栽培でも育苗栽培でも可能

結球レタスや、ブロッコリー、キャベツなどの葉菜類は、セルトレイや、ビニールポット、育苗箱などを使って育苗した後、定植します。また、タマネギや、ネギなども同様です。 ハクサイや、リーフレタスなどは直播栽 …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの種まき|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの種は1か所に3粒ずつまいて、土をかけたら手で軽く押さえます 種をまく深さは1-2cm程度です。 種をまく間隔は列の幅を45㎝にして30㎝ごとにまいていきます。 とうもろこしの種をまき終わ …

カテゴリー

最近のコメント