初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

育苗

苗の植え付けのポイント|時間帯も天候や温度によって考える

投稿日:

苗の植え付けは、できるだけ風のない日に行います。
定植の適期を迎えたばかりの苗は、まだまだ丈夫とは言えず、
風の被害にも遭いやすいからです。

スポンサーリンク

また、植え付け後は寒冷紗や、防風ネットなどの資材を用いて、
風除けを作っておくと良いかと思います。
尚、果菜類の場合は支柱を立てて誘引しておくと、それが風除けにもなります。
ナス苗 風よけ
次に植え付け時の天気ですが、曇りの日を選ぶと良いです。
晴天の日は、日差しの影響により、苗がしおれてしまうこともあります。

晴天時に植え付けを行う場合は、夕方などに植え付けを行うようにして、
できるだけ、直射日光に当たらないよう、作業するようにします。

スポンサーリンク

苗の植え付けのポイント

ナス 苗
・植え付けの適期は、守ること。また、適期の苗を購入した場合は、
なるべく早くに植え付けを行うこと。

・まだ適期を迎えていない場合は、保温しながら様子を見る。

・野菜によっても、それぞれ植え付けの深さの目安が異なりますが、
極端な深植えや、浅植えはしないようにすること。

・植え付け後は、株元を軽く押さえて定植させること。
苗の周りの土を、強く抑え過ぎないようにすること。

・植え付けを行う場所には、植え付けの1週間-2週間ほど前までに、
堆肥を施しておくこと。

・果菜類の苗の植え付けを行う場合は、苗を植えた後に、
仮支柱を立てて管理すること。

・植え付けの前には、土壌と苗にしっかりと水分を与えておくこと。

植え付けのポイントはしっかりと守り、収穫期まで、大切に育てて行きましょう。

スポンサーリンク

-育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

no image

よい苗の選び方|家庭菜園での苗半作の重要性

苗半作という言葉を知っていますか? 良い苗を作ることができたら、栽培は半分成功したようなもの という意味です。 家庭菜園で野菜を作るとき苗のいいわるいはかなり重要です。 とくに実のなる野菜は苗の段階で …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。