初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の雑草対策 家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

投稿日:

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。
畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。
できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。

畑を綺麗にするポイントは、まず、除草作業があります。
雑草などが生えている場合は、除草作業を行い、畑に余計なものがないようにします。

次に、石やゴミなどです。
前作の残りはもちろん、大きな石や、ゴミなどもできる限り取り除き、
畑を綺麗にしておいてください。

■耕うんの作業について

はじめて家庭菜園をはじめる場合や、耕うん後時間の経った畑は、
土が硬くなってしまっていることがありますので、畑を綺麗にした後は、
しっかりと土を耕しておくことが必要です。

スポンサーリンク

固まった土のかたまりをほぐすように、深さ30センチほどまで、
良く耕しておきます。

耕うん後は、平坦な土地となるように土を平らにしていきます。
こうすることで、肥料の配分が均等になりやすくなる、畝が作りやすい
などといったメリットがあります。

また、畝が真っ直ぐにできていると、定植などの作業もしやすく、
その後の資材の管理なども容易になります。

表面がボコボコの状態では、水はけが悪くなってしまうこともあるので、
畑を綺麗に耕した後は、整地しておくようにしてください。

はじめのうちは、作業も大変と感じるかも知れませんが、
この作業を怠らないことが、良い収穫を得るコツでもあります。
しっかりと行なっていきましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の雑草対策, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、 野菜の種まきを行いましょう。 ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、 代表的な野菜です。露地まきは、冬どり …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

雑草が野菜の生育に与える影響|家庭菜園の雑草対策

雑草の中には、生えていても作物にあまり影響を与えないものもあります。 しかし、多くの雑草が、多少なりとも作物に対して影響をあたえます。 雑草が作物にあたえる影響 1.土の中の栄養分や水分を奪う せっか …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

野菜つくり

家庭菜園の連作障害

トマトやナス、ジャガイモなどを同じ場所で続けて栽培すると、 生育が極端に悪くなったり、枯れてしまいます。 この現象を連作障害といいます。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント