初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

マルチング

家庭菜園で役に立つマルチとは|マルチフィルムや敷きわらの使い方

投稿日:

家庭菜園初心者の方は、はじめ、その用語に戸惑うことかと思います。
今日は、野菜を上手に育てるために重要なマルチング、フィルムマルチ、
敷きワラの用途について紹介したいと思います。
■マルチングとは?
土壌の表面を覆って、降水による土壌を守る、水分の蒸散、
雑草を防ぐ、土の温度をコントロールする、肥料が流れ出ないようにする、
などの効果を得られるものを総称して、マルチングと言います。
野菜を上手に元気に育てるには、かかせない作業の1つとなりますので、
マルチングに必要なアイテム、それぞれの特性について、
頭に入れておいてください。
■フィルムマルチとは?
農ポリと呼ばれる0.02ミリほどのプラスチックフィルムをマルチングとして、
土壌の表面を覆うことです。土の温度の上昇を避け、水分の蒸散の予防、
硬結防止、害虫飛来の回避、雑草防止、病気の防除などに役立ちます。
特に、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策、乾燥対策、雑草対策には、有効です。
上手にフィルムマルチを使って、野菜を育てて行きましょう。
雑草の防止を1番に考えると、黒色のフィルムが理想となりますが、
地温を高めるのには、透明である方が効果が高いなど、
フィルムの色によっても、それぞれの効果に違いがあります。
害虫飛来の防除に関しては、反射光によって飛来させないようにするため、
シルバーなどのフィルムマルチが一般的です。
■敷きワラとは?
有機物を材料としたマルチングのことです。稲わら、麦わら、刈草、
籾殻、コンポストなどが主に使われています。
農家として野菜を育てているのであれば、入手しやすいですが、
家庭菜園として野菜を育てているのであれば、比較的、入手しづらいと言えます。
しかし、その効果はフィルムマルチよりも大きく、
有機物を増加させることによって、土壌を改善する効果などの、
副次的な効果も得ることが出来ます。
地温上昇のためのマルチングとしては、フィルムマルチの方が、
優秀となりますので、そちらを使うようにしてください。

スポンサーリンク

-マルチング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マルチングのデメリット

それぞれの資材によって異なる効果を発揮する場合もありますが、一般的に地温の上昇、土の乾燥を防ぐ役割、雑草防止などに利用されます。 ■マルチングの主な効果について ・乾燥防止地面を覆うことにより、水の蒸 …

no image

マルチフィルムの使い方|家庭菜園でマルチを使う利点

マルチとは土の表面をビニールフィルムやワラなどで覆うことです 畝にマルチを張ると土壌が適度な温度に保たれるようになり春先などまだ気温の低い季節でも野菜が元気に育つようになります また土壌の水分を保つ働 …

no image

家庭菜園でのマルチングの効果|野菜の病害虫の予防にもなる

春?秋にかけては、病害虫の盛んな時期となりますので、充分に気をつけなくてはいけない時期です。 病原菌は、雨による泥の跳ね返りや、風に乗ってやって来るので、マルチングとすることで、大部分を予防することが …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …