初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

投稿日:

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。
日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、
生長が良くなります。

スポンサーリンク

特に果菜類は、長時間日光に当たることが重要だとされ、
日当たりが悪い場所で育てると、スイカやメロン、トマトなどの実が、
ならないこともあります。

家庭菜園 メロン

また、実がなった場合にも、その品質を落とす結果になってしまいます。
甘味の不足したものなどが出来てしまう可能性がありますので、
日照時間を確保するようにして、育てましょう。

野菜を育てるために、日光が必要となる理由

野菜は、根っこより水分や二酸化炭素を吸収し、日光を使って光合成を行います。
この光合成によって作られた炭水化物は、果菜類の実だったり、
生長のために重要な役割があります。

日当たりが悪く、光合成が盛んに行われなくなると、野菜自体が弱り、
品質の良い収穫を得ることが出来なくなってしまいます。

スポンサーリンク

もし、日当たりが悪くなる障害物があるのであれば、
出来るだけ、畑の日当たりを良くするように工夫してみてください。

日が当たらなくても、育てることの出来る野菜

ほうれん草や、レタス、小松菜などは、半日ほど日光を浴びれば育ちます。
果菜類でも、サヤインゲンは、割と日光を必要としない野菜と言えます。

⇒ほうれん草の栽培特性

また、中には日陰を好む野菜というのもあります。
例えば、ミョウガ、ミツバなどです。日陰である方が、良く育ちます。

更に、モヤシなどは日光を当てずに育てる野菜に分けられます。
日当たりの悪い場所を上手く活用するのも、家庭菜園の醍醐味と言えますね

日照不足で生育がわるくなった野菜にはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ペンタガーデンPRO(プロ)350mlALA配合(5-アミノレブリン酸)お得な1000倍希釈ペンタガーデン!【FGP0613_5】「☆」

⇒日照不足のときの肥料の考え方

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント