初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

実のなる野菜への肥料のやり方|元肥だけでは不足するので追肥を与える

投稿日:

5月頃に畑に植えつけるナス科のトマト・ナスや、ウリ科のキュウリなどは、
徐々に暖かくなってくるとともに生長が見られるようになり、
果実の膨らみもどんどん目に見えて分かるようになり、とても楽しいです。

スポンサーリンク

しかし、育ちが盛んになっているということは肥料をたくさん吸収している
ということの表れでもあります。

元肥として与えた肥料だけでは徐々に不足していきますので、
追肥を行い、肥料不足にならないように注意します。

追肥のポイントは以下の3つです。
1.追肥の時期を見逃さないこと
2.肥料の種類は作物によって違うことを理解し、また適量を与えること
3.根っこがきちんと肥料を吸収出来るように、位置を考えること

ピーマンや、ナスなどの果菜類は実どまりがいい作物ですので、
植え付けた後、半月ほどしたら1回目の追肥を行います。
その後、半月ペースで3回?4回の追肥を行なっていきます。

スポンサーリンク

トマトや、スイカ、カボチャなどは追肥を早めに行ってしまうと、
茎葉ばかりが育つようになってしまい、実がなりにくくなります。

そのため、着果して果実が肥大した頃を1つの目安として、
追肥を行うのがポイントとなります。

肥料の種類は化成肥料・油粕・有機肥料などが適しています。
適量を与えなければ、思わぬトラブルを招いてしまいますので、
手加減して適量を与えるように心掛けてください。

大体、3回目の追肥を終える頃に生長が盛んとなり、収穫期を
迎えますので、適度に増量していきます。

根っこの先端付近は1番肥料の吸収がいい場所となりますので、
1回目は株元から20センチほど離れたところに円状に追肥し、
2回目以降は溝を作ってから与え、土をかぶせるようにします。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

野菜つくり

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。 この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい 果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。 スポンサーリンク しっか …

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント