実のなる野菜の苗作り|果菜類の育苗に挑戦してみよう

苗作りが大変なのは、トマトやピーマン、ナスなどです。
寒い時期の種まきとなるので、その後の寒さ対策などが難しく、
また、日数も70?80日の期間が必要となります。

IMG_1332.JPG

開花するほどの立派な苗を育てるのは、大変なので、
ナスやピーマン、トマトを育てる場合は苗を買うのが良いでしょう。

⇒ナスの育て方
⇒ピーマンの育て方
⇒トマトの育て方

トウガン、カボチャ、キュウリなどに関しては育苗日数が短いので、
家庭菜園で育てる場合は、自分で育苗してみても良いかと思います。

IMG_1341.JPG

⇒カボチャの育て方
⇒キュウリの育て方

スポンサーリンク

種まきをはじめるのは、4月の中旬頃です。
直径9センチほどのポリ鉢を用意し、園芸培養土・育苗用の土を使い
種子を3?4粒まいていきます。大体、覆土は1センチほどです。

発芽させるためには25度以上の気温が必要となりますので、
日当たりの良い場所にビニールトンネルを作り、その中にポチ鉢を
並べておくと良いでしょう。

また発芽させる時は密閉した状態で管理を行いますが、
中が高温になりすぎてしまうのは危険ですので、換気をする必要が
あることも忘れないようにしてください。

4月といってもまだまだ寒いころもあります。
15度ほどは最低でも欲しいので、気温が低すぎてしまう時は、
毛布などを使って保温するようにしてください。

特に寒い地域では、温水などを使って温度管理をするのも手です。
あまり寒くならないように注意してください。

苗が育った頃に間引きを行います。
目安としては、本葉が2?3枚になった時に1本立ちにするようにします。

そして、本葉が4枚?5枚ほどになった時に植え替えを行います。
最後の方は葉色が淡くなる時もありますので、その時は水やりの代わりに
液体肥料を与えて回復させます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
育苗
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました