初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

育苗

実のなる野菜の苗作り|果菜類の育苗に挑戦してみよう

投稿日:

苗作りが大変なのは、トマトやピーマン、ナスなどです。
寒い時期の種まきとなるので、その後の寒さ対策などが難しく、
また、日数も70?80日の期間が必要となります。

IMG_1332.JPG

開花するほどの立派な苗を育てるのは、大変なので、
ナスやピーマン、トマトを育てる場合は苗を買うのが良いでしょう。

⇒ナスの育て方
⇒ピーマンの育て方
⇒トマトの育て方

トウガン、カボチャ、キュウリなどに関しては育苗日数が短いので、
家庭菜園で育てる場合は、自分で育苗してみても良いかと思います。

IMG_1341.JPG

スポンサーリンク

⇒カボチャの育て方
⇒キュウリの育て方

種まきをはじめるのは、4月の中旬頃です。
直径9センチほどのポリ鉢を用意し、園芸培養土・育苗用の土を使い
種子を3?4粒まいていきます。大体、覆土は1センチほどです。

発芽させるためには25度以上の気温が必要となりますので、
日当たりの良い場所にビニールトンネルを作り、その中にポチ鉢を
並べておくと良いでしょう。

また発芽させる時は密閉した状態で管理を行いますが、
中が高温になりすぎてしまうのは危険ですので、換気をする必要が
あることも忘れないようにしてください。

4月といってもまだまだ寒いころもあります。
15度ほどは最低でも欲しいので、気温が低すぎてしまう時は、
毛布などを使って保温するようにしてください。

特に寒い地域では、温水などを使って温度管理をするのも手です。
あまり寒くならないように注意してください。

苗が育った頃に間引きを行います。
目安としては、本葉が2?3枚になった時に1本立ちにするようにします。

そして、本葉が4枚?5枚ほどになった時に植え替えを行います。
最後の方は葉色が淡くなる時もありますので、その時は水やりの代わりに
液体肥料を与えて回復させます。

スポンサーリンク

-育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。 しかし、今はホームセンターなどでも気軽に …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

ピーマン 苗

ピーマンの種まき・育苗|苗作りには一定の温度と時間が必要

熱帯原産のピーマンは低温に弱く、 苗作りには一定の温度と時間が必要です ピーマンの種のまき方 セルトレイを用意して、1粒ずつ種をまきます ピーマンは発芽温度が高く時間もかかります 発芽適温25℃-30 …

ナス 苗

ナスの育苗・鉢上げ|家庭菜園でのナスの育て方

プラグトレーにまいたナスが本葉を出して、 隣のナス苗同士の葉が重なり合うようになったら 鉢上げしてあげましょう スポンサーリンク 土が乾燥しているのなら苗がプラグトレーから土ごと抜けやすいように 鉢上 …