初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

投稿日:

野菜は、植物です。
そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、
温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。

■温度に関して

野菜は生長は勿論、発芽にも適温というのが設定されており、
温度が伴わなければ、発芽することさえ出来ない場合もあります。

それほど、野菜にとって温度は重要なものとなります。
例えばピーマンや、ナスは、暑い時期を好みますし、ハクサイなどの野菜は、
暑さが苦手であり、寒い時期を好みます。

■日当たり、風通し、土壌について

菜園の場所は限られたスペースで上手くやりくりしなければなりませんが、
この環境によって、生長が大きく変わる重要な部分となるため、
慎重に選ぶことが大切だと言えます。

スポンサーリンク

例えば、同じ野菜でもそれぞれ、好む光の強さには違いがあります。
日当たりが悪いことで生長に影響する場合もあれば、
日が当たり過ぎるのを嫌う野菜も居ます。

風通しが悪い状態になると、野菜も私たち同様、蒸れてしまうので、
株が弱ることになり、病害虫の被害に遭いやすくもなります。
しかし、風の強さが被害になることもあるので、調節が重要です。

土壌に関して言えば、水はけの悪い土、水持ちの悪い土は良くないと言えます。
有機質肥料などを入れ、土壌改良をすることが大切です。

このように、野菜を育てるための環境づくりは、とても大事な要素です。
なかなか完璧な環境を作り上げるのは難しいとはいえますが、
作業次第では、水はけを良くしたり、日陰を作ったりなど、
改良が出来ますので、野菜に合わせて環境を作り出すことも大切です。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

家庭菜園でできるトンネル栽培|葉菜類を育てる

秋野菜の収穫期を迎えた頃になったら、トンネル栽培で育てられる、 野菜の種まきを行いましょう。 ほうれん草、小かぶ、春菊、小松菜などがその時期を種まきの適期とする、 代表的な野菜です。露地まきは、冬どり …

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

no image

エダマメの根粒菌の役割|空気中の窒素を固定してくれるすごいやつ

エダマメはマメ科の中でも根粒菌のつきやすい野菜です 根粒菌はマメ科の植物の根に侵入し、小さなこぶ(根粒)を作ってそのマメ科植物に寄生します スポンサーリンク 空気中の窒素をとりこみ、アンモニアに還元し …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …