初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

投稿日:

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、
畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。

育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、
ポットに鉢上げを行い、その後、コンテナや、畑に定植させます。
ポリポットに種を蒔いた場合は、そのまま定植させる方法もあります。

■移植栽培のメリットについて

・苗の管理が行き届きやすい

種まき後は、土が乾燥しないよう、適度に水やりを行う必要があります。
それほど大変な作業と言うわけではありませんが、良く観察することが必要なため、
移植栽培の方が、管理がしやすいと言えます。

また、間引きに関しても同じ事が言えます。
発芽後の間引きは重要なお手入れとなりますが、育苗箱や、セルトレイ、
ポットを使えば、狭い範囲での管理が可能となり、手間が掛かりません。

スポンサーリンク

・育苗中は、畑で違う野菜を育てられる

家庭菜園の場合、限られたスペースを上手に使いながら、
野菜を育てている人がほとんどかと思います。
育苗中は畑が空くというのは、非常にメリットになるのではないでしょうか?

・露地栽培と比較して収穫が早い

直播きの場合は、発芽の適温に合わせて種まきを行いますが、
育苗箱などを使う方法は、持ち運びが出来るものとなりますので、
発芽にとって良い環境を確保しやすくなると言えます。

直播栽培でなければならない野菜もありますが、多くの野菜が、
移植栽培可能となりますので、上手に取り入れて家庭菜園を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

ナス 定植

ナスの定植|家庭菜園のでのナスの育て方

ナスの本葉が7-8枚になり、最初のつぼみが着いたら 家庭菜園の畑に植え付けます。 苗を購入する場合はしっかりした双葉のついた がっしりしたものを選ぶとよいです。 スポンサーリンク ナスは秋までの長い期 …

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …