家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、
畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。

育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、
ポットに鉢上げを行い、その後、コンテナや、畑に定植させます。
ポリポットに種を蒔いた場合は、そのまま定植させる方法もあります。

■移植栽培のメリットについて

・苗の管理が行き届きやすい

種まき後は、土が乾燥しないよう、適度に水やりを行う必要があります。
それほど大変な作業と言うわけではありませんが、良く観察することが必要なため、
移植栽培の方が、管理がしやすいと言えます。

また、間引きに関しても同じ事が言えます。
発芽後の間引きは重要なお手入れとなりますが、育苗箱や、セルトレイ、
ポットを使えば、狭い範囲での管理が可能となり、手間が掛かりません。

スポンサーリンク

・育苗中は、畑で違う野菜を育てられる

家庭菜園の場合、限られたスペースを上手に使いながら、
野菜を育てている人がほとんどかと思います。
育苗中は畑が空くというのは、非常にメリットになるのではないでしょうか?

・露地栽培と比較して収穫が早い

直播きの場合は、発芽の適温に合わせて種まきを行いますが、
育苗箱などを使う方法は、持ち運びが出来るものとなりますので、
発芽にとって良い環境を確保しやすくなると言えます。

直播栽培でなければならない野菜もありますが、多くの野菜が、
移植栽培可能となりますので、上手に取り入れて家庭菜園を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 育苗
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました