初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

投稿日:

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、
畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。

育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、
ポットに鉢上げを行い、その後、コンテナや、畑に定植させます。
ポリポットに種を蒔いた場合は、そのまま定植させる方法もあります。

■移植栽培のメリットについて

・苗の管理が行き届きやすい

種まき後は、土が乾燥しないよう、適度に水やりを行う必要があります。
それほど大変な作業と言うわけではありませんが、良く観察することが必要なため、
移植栽培の方が、管理がしやすいと言えます。

また、間引きに関しても同じ事が言えます。
発芽後の間引きは重要なお手入れとなりますが、育苗箱や、セルトレイ、
ポットを使えば、狭い範囲での管理が可能となり、手間が掛かりません。

スポンサーリンク

・育苗中は、畑で違う野菜を育てられる

家庭菜園の場合、限られたスペースを上手に使いながら、
野菜を育てている人がほとんどかと思います。
育苗中は畑が空くというのは、非常にメリットになるのではないでしょうか?

・露地栽培と比較して収穫が早い

直播きの場合は、発芽の適温に合わせて種まきを行いますが、
育苗箱などを使う方法は、持ち運びが出来るものとなりますので、
発芽にとって良い環境を確保しやすくなると言えます。

直播栽培でなければならない野菜もありますが、多くの野菜が、
移植栽培可能となりますので、上手に取り入れて家庭菜園を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。 ■育苗後の苗・市販されている苗の選び方 ・茎が丈夫に育っていて、しっ …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

家庭菜園での畝の作り方|うねの立て方は、育てる野菜の種類によって異なります

種まきを行う時や、苗を植え付ける時に、畝を作る場合があります。畝(うね)というのは、畑の土を列のように盛り上げたものになり、広く畝を取る時には、ベッドなどの言い方をすることもあります。 畝を作るメリッ …

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

カテゴリー

最近のコメント