初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

投稿日:

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。
また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、
同時に行わなければなりません。
そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材です。
これは、ポリエステル・ポリプロピレンなどによって作られる不織布の一種で、
とても細い糸を絡ませて作った、パステイト、パオパオといった商品が代表例です。
また、日石ワリフ、タフベルなどの割繊維不織布などは、
フィルムを細かく割いたべたがけ資材として、人気が高いです。
どちらの場合もとても薄く、1メートルに対し、20グラムほどの軽さです。
野菜の上に直接被せても、全く影響がなく、良い効果だけを得ることが出来ます。
■べたがけ資材のメリット
夏の強い日差し、害虫の飛来を防除するという役割があります。
雨、風は布であることから通しますので、風に飛ばされないように、
裾を土で押さえておくだけで、使うことが出来ます。
特に、アブラムシなどの被害に遭いやすいアブラナ科の野菜などには、
効果的です。育苗時は勿論、畑へ植え替えた後も覆っておくことで、
害虫の防除が可能です。
また、水やり、薬剤の散布はべたがけ資材をかけた上からでも、
充分に行うことが出来ますので、お手入れは楽です。
更に、このべたがけ資材は非常に強い不織布となりますので、
1度使ったべたがけ資材を繰り返し使うことが出来、経済的だと言えます。
スイートコーン、エダマメなどの鳥害の防除などにも使うことが出来、
使い道が幅広いというのも、お勧めのポイントとなります。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

よい野菜の見分け方|新鮮野菜を食べよう

オオバ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色である。 ミツバ葉は濃緑色でみずみずしい。根がしっかりしている。茎部が短く葉が大きい。 セロリ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色であ …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …