初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の連作障害

投稿日:

トマトやナス、ジャガイモなどを同じ場所で続けて栽培すると、
生育が極端に悪くなったり、枯れてしまいます。
この現象を連作障害といいます。

スポンサーリンク

連作障害の原因には、
前に作った野菜に寄生していた病害虫が土の中に残り、次に植えられた同じ種類の野菜を害する場合
前作の野菜の根から分泌された特殊な成分が土の中に残り、それが次に植える野菜に悪い影響を与える場合
また、土中の肥料成分が極端に不均衡になっている場合
などいろいろな条件があります。

スポンサーリンク

同じ場所に同じ野菜をつくると連作障害が発生しやすいということで
他の野菜を植えれば大丈夫と考えがちです。

しかし、カブやブロッコリーのように別の野菜ですが、
科ごとに分類するとアブラナ科となり、
同じ分類でネコブ病になったりするので、
注意が必要です。

トマト、ピーマン、ジャガイモはナスと同じナス科ですので
こちらも注意が必要です。

⇒野菜の科名について

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

カテゴリー

最近のコメント