初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

投稿日:

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。
特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、
煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。

トマトの場合は、サラダなどの生食に向いているものと、ピューレや、
ケチャップなどの加工に向いているものがあります。

生食には、酸味・甘味・瑞々しさなどがポイントとして挙げられますが、
加工の場合には、硬いもの・酸味の強いものが向いているとされます。

また、加工する場合、形にはこだわる必要がなくなりますので、
収穫量の多い品種を選ぶことや、緑の部分が少なくなる真っ赤な品種など、
そういったものから、品種を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

トマトは、一般的に支柱を立てて誘引しながら育てていきますが、
地這い性の品種もありますので、そういった品種を選べば、
管理の手間も省くことができます。

その他にも、さまざまな野菜が用途によって品種が分けられています。
スーパーに行けば、1つの品種のものしか販売されていない
なんてケースも多いですが、家庭菜園では用途に合わせた栽培・収穫ができます。

同じトマトを育てる時にも、生食用のものと加工用のものを育てるなど、
品種を変えて育ててみるのも、家庭菜園の楽しみの1つだと思います。

キャベツ・ダイコンなども、それぞれの品種に特性がありますので、
どのように調理するかといった事も、頭に入れながら育てる品種を
考えて行きたいところですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

良い種の選び方|種袋の見方3つのポイント

ホームセンターやコンビニなどでも手軽に手に入れることが出来る種の袋ですが、裏側には様々な情報が掲載されています。 その中でも今日は3つのポイントに絞って、紹介したいと思います。 ・耐病性家庭菜園が初心 …

野菜つくり

家庭菜園の連作障害

トマトやナス、ジャガイモなどを同じ場所で続けて栽培すると、 生育が極端に悪くなったり、枯れてしまいます。 この現象を連作障害といいます。 スポンサーリンク

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント