初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

投稿日:

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。
それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、
知ることが出来ます。

スポンサーリンク

高温性野菜とは?

高温性野菜は、暑さに強い性質を持った野菜のことです。
トマトや、キュウリ、スイカ、エダマメ、ナスなどがその代表例です。

家庭菜園 トマト

⇒トマトの栽培特性
⇒キュウリの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性
⇒ナスの栽培特性

一般的に春より栽培を開始することの多いこれらの野菜は、
熱帯地方を原産とすることが多く、原産地に由来した性質を持ちます。

スポンサーリンク

また、これらの野菜は寒さに弱い性質があり、気温が下がると、
生育出来ない状況となります。これを防ぐために、葉の表面に白い産毛
のようなものが生えている野菜もあります。

低温性野菜とは?

低温性野菜は、寒さに強い性質を持った野菜のことです。
ハクサイ、ニンジン、ネギ、ダイコンなどがその代表例です。

⇒ハクサイの栽培特性

⇒ダイコンの栽培特性

一般的に秋より栽培を開始することの大きこれらの野菜は、
温帯地方原産のものが多く、高温性野菜同様、原産地に性質が由来しています。

同じように暑さには弱い野菜となりますので、25度以上の気温となると、
生長が止まり、枯れてしまうこともあります。

品種によっての違い

高温性野菜、低温性野菜といいますが、生育限界温度は、
同じ野菜でも、品種によって防寒性、防暑性が多少変わることもあります。

育てやすいように品種改良は、日々行われていますので、
寒さに割と強いナスの品種や、暑さに割と強いダイコンの品種なども、多く出てきています。

比較的、寒冷地となる場所での栽培や、温暖地となる場所での栽培時は、
作る品種を温度を参考に決めるとよいでしょう。

⇒野菜つくりの難易度

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナス苗 風よけ

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

よい苗の選び方|家庭菜園での苗半作の重要性

苗半作という言葉を知っていますか? 良い苗を作ることができたら、栽培は半分成功したようなもの という意味です。 家庭菜園で野菜を作るとき苗のいいわるいはかなり重要です。 とくに実のなる野菜は苗の段階で …

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …

カテゴリー

最近のコメント