暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

家庭菜園 トマト 家庭菜園栽培の基本

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。
それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、
知ることが出来ます。

スポンサーリンク

高温性野菜とは?

高温性野菜は、暑さに強い性質を持った野菜のことです。
トマトや、キュウリ、スイカ、エダマメ、ナスなどがその代表例です。

家庭菜園 トマト

⇒トマトの栽培特性
⇒キュウリの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性
⇒ナスの栽培特性

一般的に春より栽培を開始することの多いこれらの野菜は、
熱帯地方を原産とすることが多く、原産地に由来した性質を持ちます。

また、これらの野菜は寒さに弱い性質があり、気温が下がると、
生育出来ない状況となります。これを防ぐために、葉の表面に白い産毛
のようなものが生えている野菜もあります。

低温性野菜とは?

低温性野菜は、寒さに強い性質を持った野菜のことです。
ハクサイ、ニンジン、ネギ、ダイコンなどがその代表例です。

スポンサーリンク

⇒ハクサイの栽培特性

⇒ダイコンの栽培特性

一般的に秋より栽培を開始することの大きこれらの野菜は、
温帯地方原産のものが多く、高温性野菜同様、原産地に性質が由来しています。

同じように暑さには弱い野菜となりますので、25度以上の気温となると、
生長が止まり、枯れてしまうこともあります。

品種によっての違い

高温性野菜、低温性野菜といいますが、生育限界温度は、
同じ野菜でも、品種によって防寒性、防暑性が多少変わることもあります。

育てやすいように品種改良は、日々行われていますので、
寒さに割と強いナスの品種や、暑さに割と強いダイコンの品種なども、多く出てきています。

比較的、寒冷地となる場所での栽培や、温暖地となる場所での栽培時は、
作る品種を温度を参考に決めるとよいでしょう。

⇒野菜つくりの難易度

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました