初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

イタリアンパセリの育て方|種まき時期と水やり、アゲハ対策

投稿日:

繊細な甘味とフレッシュな風味のイタリアンパセリ。
お料理に雰囲気を出そうとすると、それなりの量が必要ですが、
専門店やスーパーでは結構いいお値段です。
IMG_3074.JPGのサムネール画像
お料理好きにはちょっと頭の痛い問題ですね。
ですが安心して下さい。
このイタリアンパセリ、家庭でも結構ーーー
いえ、かなーり簡単に育てられちゃいます。
しかも、種も沢山取れますし、越冬もできるという良い事ずくめ。
特に冬場や春先など、青物がお高くて家計に厳しい季節も、
主婦のつよーい味方になってくれます。
さて、日本ではまだまだ馴染みの薄いイタリアンパセリですが、
前述のように世話はとーっても簡単なので、駆け足ですが見ていきましょう。
イタリアンパセリは地中海地方のお野菜ですが、
日本の風土にも極めて適応しやすい品種です。
種の撒き時は、平均的な日本の気候だと春先から初夏のちょっと手前、
初秋から晩秋のちょっと手前くらいでしょうか。
「ぽかぽか陽気で雨が多い時期に種まき」と覚えてもらえれば大丈夫です。
他の野菜を育てたことがある人だは、
「え? そんなアバウトで大丈夫?」と
心配になるかもしれませんが大丈夫です。
イタリアンパセリは非常に丈夫な品種なので、
種からスプラウとの時期さえ土をカラカラにしないようにすれば、
痩せた土地でもすくすくと成長してくれるでしょう。
プランターの場合は、ホームセンターなどで売っている
一般的な腐葉土を使い、水はけをよくした上で
過乾燥に気をつけてれば大丈夫です。
ムシも非常につきににくく、殺虫剤もほぼ不要です。
万が一虫がついたときですが、
細かい糸で巣を作るタイプの毛虫は
枝ごとバッサリと切り取って捨てます。
コツは「え!? こんなに切っても平気なの!?」
というくらい大胆にカットすることです。
イタリアンパセリは前述のように非常に強い品種なので、
二週間もすれば復活です。また、意外に思うかもしれませんが、
イタリアンパセリにはアゲハチョウの幼虫もついてしまいます。
IMG_3996.JPG
アゲハさんにはかわいそうですが、
見つけたらその都度取り去ってください。
冬場の世話ですが、過乾燥を防ぐ感じで時々水をあげる程度でOKです。
最後にレシピですが、一般的なイタリアンのほかに、
刻んでポテトサラダに和えたり、
風味をダイレクトに味わえる天ぷらもお勧めです。
これを読んで、少しでも香味野菜・イタリアンパセリに
興味を持っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アップルミントやハーブを栽培するときに注意すること|どんどん広がっていきます

アップルミントを庭で育てています。 本当はルッコラの様に、サラダなどにして食べられる物を育てたかったのですが、 ちょっと事情がありました。 東京の多摩地区でアパート暮らしをしているのですが、 引っ越し …

no image

家庭菜園での白菜栽培のポイントは土つくり

高く畝を作ったら大丈夫です! 盛り上げる土で、育ちが違ってきます。 あんまり低いと、土が下の方が固いためにうまく育たないです。 土さえほんとにしっかりさせれば、信じられないくらいいいのができます。 畑 …

no image

日当たり悪くても育つ野菜|ネギ、ミツバなど

最近、家庭菜園がブームになっています。 安心安全な野菜を口にした人たちにとって、 野菜作りはとても重要になってきます。 しかし野菜作りはきちんと知識をもって臨まなければ、 良い収穫ができずに終わってし …

no image

チンゲンサイはベランダ菜園で栽培できます

ベランダでの家庭菜園は簡単ですが、何を作るかを選ぶ事が大切です。 初心者の方にお勧めなのが、チンゲンサイです。 チンゲンサイは虫がつき難く、病気にもなりにくい丈夫な野菜です。 そして、収穫後は色々な料 …

no image

家庭菜園でタマネギの栽培に挑戦

子供の頃から玉ねぎをあまり買ったことはありません。 いつも、母が畑で作る玉ねぎを食べていたからです。 結婚してからも、実家から玉ねぎをもらい買ったことはありませんでした。 その母も歳をとり、玉ねぎを作 …

カテゴリー

最近のコメント