初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

野菜の育て方 高菜の育て方

高菜の栽培・育て方|辛みと風味のある葉物野菜

投稿日:

タカナ(高菜)とはアブラナ科の越年草で、カラシナの変種です。
20?60cmほどの丈に成長します。

葉や茎は柔らかくて辛味があり、主に漬け物に利用されます。
日本には平安時代に中国から入ってきたといわれています。

近縁の野菜としてコマツナ、カツオナなどが知られています。
西日本一帯で広く栽培されています。

高菜は、九州でよく作られている野菜ですが、
関東や東海にも地方品種が多数存在します。

高菜は冬の寒さや霜にあわせると、葉の風味がよくなるので、
家庭菜園では秋まきがおすすめです。

春まき株は、すぐにトウ立ちするので、根ごと引き抜いて収穫しましょう。
 

高菜は酸性土壌を嫌うので、植え付け前に、石灰をきちんと施しておきましょう。

品種や栽培方法によって変化しますが、高菜の葉や茎は柔らかく辛味があります。
高菜の辛みの成分はマスタードなどと同じイソチアン酸アリルです

野菜名

科名

原産地

タカナ

アブラナ科

中央アジア

学名

英名

和名

Brassica juncea
var. integlifolia

Leaf mustard

高菜

種まき時期

定植時期

スポンサーリンク

収穫時期

8月中旬?
9月中旬

 

11月?

種子の光反応

土壌適応性

好光性種子

土壌適応性は広い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

6℃

25℃

35℃

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

 

15?25℃

 

  高菜をプランターで栽培してみました

スポンサーリンク

-野菜の育て方, 高菜の育て方
-

執筆者:

土の役割 家庭菜園の土作り

家庭菜園の土の役割

投稿日:

gum11_ph10001-s.jpg

◆ 植物が倒れないように支える ◆

植物は地中に根をしっかりと張る事によって
強風などでも倒れないように
地上部にある茎や幹を支えています。

◆ 根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する ◆

植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり
花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする
各種の養分や水が必要です。

これらは一時に多量に必要なわけではなく、
少しずつ毎日必要になります。

土には、養分や水を蓄える作用があり、
植物は必要に応じてそれらを吸収しています。

もし、蓄える作用が無いならば、
毎日肥料や水を与えなければならず、
植物を栽培することは非常に困難になります。

また植物の根は呼吸をしていますが、
土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。

スポンサーリンク

ilm20_ac01005-s.jpg

◆ 温度変化から根を守る ◆

根は物質以外にも温度にも敏感に反応します。

土の中は空気中の温度に対して
四季を通じての温度変化も少なく、
緩やかに変化するため根も影響を受けずに順応し、
植物の根を守る働きもあります。

夏や冬に鉢植えの植物を鉢のまま
地中に埋めて管理するのは、
温度変化を少なくして植物の根を守ったり、
鉢土の乾きを防いだりするためです。

◆ 緩衝作用で根を有害物質から守る ◆

植物の根は繊細であり、
ちょっとした物質でも影響を受けます。

植物の生育に悪影響を与える物質だけでなく、
有益な肥料成分でも濃い濃度の肥料が
直接根に触れると根が枯れたりすることがあります。

土はそれらの傷害をやわらげ、
急激なショックが及ばないように根を保護する働きもします。

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の土作り手順2 緑肥を入れる|長い目で見た土つくり

土作りの手順2 緑肥を入れる 緑肥とは雑草や野菜の食べない部分など 植物をそのまま肥料に利用したものです 【緑の肥料(緑肥)】 ヘアリーベッチ 1kg ゆっくりと時間をかけて効いていく緑肥は 将来のた …

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

no image

土の団粒化とは

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。 単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。 しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。