ホーム » 野菜の育て方 » 高菜の栽培・育て方|辛みと風味のある葉物野菜

スポンサードリンク

高菜の栽培・育て方|辛みと風味のある葉物野菜



タカナ(高菜)とはアブラナ科の越年草で、カラシナの変種です。
20~60cmほどの丈に成長します。

葉や茎は柔らかくて辛味があり、主に漬け物に利用されます。
日本には平安時代に中国から入ってきたといわれています。

近縁の野菜としてコマツナ、カツオナなどが知られています。
西日本一帯で広く栽培されています。


高菜は、九州でよく作られている野菜ですが、
関東や東海にも地方品種が多数存在します。

高菜は冬の寒さや霜にあわせると、葉の風味がよくなるので、
家庭菜園では秋まきがおすすめです。

春まき株は、すぐにトウ立ちするので、根ごと引き抜いて収穫しましょう。
 

高菜は酸性土壌を嫌うので、植え付け前に、石灰をきちんと施しておきましょう。

品種や栽培方法によって変化しますが、高菜の葉や茎は柔らかく辛味があります。
高菜の辛みの成分はマスタードなどと同じイソチアン酸アリルです

野菜名
科名
原産地
タカナ
アブラナ科
中央アジア
学名
英名
和名
Brassica juncea
var. integlifolia
Leaf mustard
高菜
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月中旬~
9月中旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
土壌適応性は広い
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
6℃
25℃
35℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
 
15~25℃
 







  高菜をプランターで栽培してみました
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top