ホーム » 野菜の育て方 » オクラの育て方・栽培方法|健康成分ムチン・ペクチンを含む健康野菜

スポンサードリンク

オクラの育て方・栽培方法|健康成分ムチン・ペクチンを含む健康野菜

phm03_0416-s.jpg

オクラはとても歴史の古い野菜で、
その原産地はアフリカの北東部で、
エジプトでは紀元前2世紀から
すでに栽培されていたといわれています。

オクラには独特のぬめりがあり他の野菜とともに、
舌ざわりや歯ざわりを楽しむために利用されたりします。

オクラなどこれらの野菜は
健康志向や食生活の多様化から見直され、
また、栄養的にも優れていて、消費も増加傾向にあります。

オクラの独特のぬめりの成分は、
タンパク質の吸収を助ける働きのあるムチン、
脳への刺激を活性化させるガラクタン、
毒素を体外に排泄する働きのある食物繊維の
ペクチンなどです。

昔からネバネバしたものには強精効果 があり、
消化を助ける働きをするとされています。



オクラの栽培のポイント

オクラの種は皮が硬く水を吸いにくいので、
種を一晩水につけてから播くほうがオクラは早く発芽します。

オクラは早い時期に種を播くと低温のために発芽しなかったり、
発芽しても晩霜や強風にあたって枯れてしまうことがあります。
5月中下旬ころがオクラの種まきにはいいと思います。

オクラの苗を購入して植える場合も風よけなどして、
強風や低温、晩霜に注意しましょう。

ポットに2,3本生えているオクラの苗はそのまま定植しましょう。

1本1本わけると根を傷めて枯れてしまうことが多く、
初心者には難しいと思います。

オクラ栽培に慣れてきたら挑戦してみるのも面白いです。

品種はいろいろとあり、赤いオクラや沖縄の島オクラなどもあります。
私はグリーンファイブがお気に入りです。


野菜名

科名

原産地

オクラ

アオイ科

アフリカ

学名

英名

和名

Abelmoschus esculentus Moench

Okra

アメリカネリ

種まき時期

定植時期

収穫時期

4月中旬~

5月上旬~

6月下旬~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

土壌適応性は広い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

28~30

35~40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

20~30

35~40

うね幅

条数

株間

100cm

1

45cm

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

2200本

1.5~2ℓ

230~260粒



いろいろなオクラの品種(購入可)


⇒オクラの栽培特性

⇒オクラの植え方

⇒オクラの手入れと害虫防除

⇒わき芽の摘み方と葉の管理

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top