初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

投稿日:

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、
紹介したいと思います。

畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、
蒔く場合などに使われる、基本的な方法となります。

スポンサーリンク

筋蒔き(条まき)とは?

筋蒔きというのは、溝を作って筋状に蒔いていく方法になります。
1列に蒔く場合は、1条蒔き、2列に蒔く場合は、2条蒔きなどと表記します。

この方法は、カブやニンジンなどの葉菜類に多く適した蒔き方となります。
発芽後の間引きの手間も掛からず、追肥や、土寄せ、除草作業が、
簡単になるというメリットがあります。

スポンサーリンク

点蒔きとは?

土に一定の株間を取り、くぼみを作ってから種を蒔く方法です。
1つのくぼみに対し、数粒ずつ蒔くこの方法は、ダイコンやハクサイなどの
栽培に用いられる方法です。

条まき同様、間引きに手間が掛からないというメリットがあり、
種の節約も同時にすることが出来ます。

ばら蒔きとは?

ばら蒔きは、土の表面に対して、種をパラパラと散らすように蒔く方法です。
種まきの手間で言えば1番簡単な方法であり、ほうれん草などに
良く用いられる方法です。

一面に種を蒔くことにより、収穫量を多く確保することが出来ますが、
間引きの手間がかかるのは、少しデメリットと言わざるを得ません。

また、種を一度に多く使う必要があること、どうしても、
蒔き方にムラが出来てしまうというのも、デメリットとして挙げられます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

野菜つくり

家庭菜園で4月に種まきする野菜|霜には注意が必要

場所によっては、まだまだ霜に気をつけなければならない4月ですが、 春まきの葉根菜類などは、種まきの適期を迎えます。 スポンサーリンク ラディッシュ・レタス・ネギ・小松菜・ほうれん草・春菊などの野菜が …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

カテゴリー

最近のコメント