初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

野菜が育つために必要な栄養素とは?|家庭菜園の肥料

投稿日:

植物に必要な栄養素

家庭菜園で野菜が育つために必要な栄養素で重要なものは5種類あります。

その中でもとくに重要なのが

窒素

リン酸

カリウム

の三大栄養素です。

⇒肥料の三大栄養素について

窒素は葉肥えともいわれ、葉を茂らせます。

リン酸は実肥えともいわれ、花、つぼみ、実を生長させます。

カリウムは根肥えともいわれ、光合成をさかんにして、いもなどの根を大きくする働きがあります。

スポンサーリンク

肥料を選ぶときはこの窒素、リン酸、カリウムのバランスを確認し、
家庭菜園で育てている野菜の必要としている栄養素を
バランスよく含んでいるものを選びましょう

そのほかの栄養素

カルシウム
カルシウムは土の酸性度を調節する働きがあり、石灰に多く含まれています

マグネシウム
マグネシウムは葉の葉緑素を作るのに必要な成分です
マグネシウムが不足すると葉が黄色くなったり生育が悪くなったりします。

各栄養素の役割を理解しておけば、
上手に野菜作りができるようになります。

⇒二次要素について

⇒微量要素について

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

野菜つくり

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。 この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい 果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。 スポンサーリンク しっか …

カテゴリー

最近のコメント