初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき 育苗

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

投稿日:

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、
一度、苗を育てることです。
特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。

■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメリットとは

・育苗期間中の畑は、自由に使うことができます。
狭いスペースで家庭菜園をつくる場合は特に、こういったスペースを、
確保できるというのは、相当なメリットになるかと思います。

・苗を別の場所で管理するという事は、その苗の管理を徹底する
ということでもあります。病害虫に遭いにくい状況、気温などの影響を
受けにくい場所で管理することができ、丈夫に野菜を育てることができます。

・家庭菜園でも人気の高い、ナスやトマト、キャベツなどの野菜は、
育苗をすることで、良いものを選んで定植させることができ、
育てるのが、容易になります。

スポンサーリンク

■育苗後の定植について

育苗後は、根鉢を崩さないようにするのが基本となりますが、
アブラナ科の野菜は、少々根が切れてしまっても、根っこが再生する野菜です。

果菜類の育苗後の定植は、5月上旬頃が目安となりますので、
逆算して大体2月?3月頃に育苗を開始します。

この時期は、まだまだ霜の被害や、寒害が出やすい時期となるので、
育苗栽培が向いていると言えます。

■直播栽培に適した野菜

直根性のダイコンやニンジンなどは、移植すると根にダメージを受けるため、
直播栽培が鉄則となります。

また、栽培期間の短い葉菜類なども直播栽培が向いています。
それぞれに適した方法を使って、育てていくのが成功のコツと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナス苗 風よけ

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。 畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って 十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園での畝の作り方|うねの立て方は、育てる野菜の種類によって異なります

種まきを行う時や、苗を植え付ける時に、畝を作る場合があります。畝(うね)というのは、畑の土を列のように盛り上げたものになり、広く畝を取る時には、ベッドなどの言い方をすることもあります。 畝を作るメリッ …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

野菜つくり

家庭菜園で4月に種まきする野菜|霜には注意が必要

場所によっては、まだまだ霜に気をつけなければならない4月ですが、 春まきの葉根菜類などは、種まきの適期を迎えます。 スポンサーリンク ラディッシュ・レタス・ネギ・小松菜・ほうれん草・春菊などの野菜が …

カテゴリー

最近のコメント