初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

投稿日:

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、
小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。
また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。
冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の影響も受けやすくなりますので、
防風、防寒対策が必須です。
対策として有効なのは、不織布を使ったべたがけ資材を利用することです。
温度を温めるという効果は薄いと言えますが、この頃生育中の野菜に、
適していますので、是非、使ってみてください。
冬の時期は、低温のため、露地栽培は出来なくなりますが、
トンネル栽培をする場合は、まだ充分間に合いますので、ポリフィルムなどを準備し、
トンネル栽培をはじめてみるのも良いでしょう。
フィルムよりは、ビニールを使うのが保温力を高められると言えますが、
ポリエチレン製のものでも、充分に保温効果を得ることが出来ます。
この時期のトンネル栽培では、春どりダイコン、春菊、小かぶ、
ほうれん草、コマツナなどを栽培することが出来ます。
発芽後、本葉2枚?3枚になるまでは、トンネルの裾に土をかけて、
密閉しておくと良いですが、生育が始まりだすと、日中の温度が上がりやすく、
軟弱化してしまう恐れがありますので、換気も重要となります。
出来るだけ晴れている日には、換気を行うようにして、
28度以上の温度にならないように、調節をしましょう。
換気穴をあけておく方法もありますが、保温効果が落ちてしまうため、
野菜の育ちはやや遅れがちになります。
更に寒い地域など、保温効果を高めたい場合は、トンネル内に穴あきマルチ
を使って種まきをしたり、べたがけ資材を覆うなど、2重の策をしておくのも、
お勧めの方法となります。
風、霜の対策としては、よしずを立てて栽培する覆下栽培などが有効です。
エンドウマメなど、冬の寒い時期に、寒害に遭いやすい作物は、
株元を粗い堆肥や、籾殻などで覆うなど、株をしっかりと固定しておくことも大切です。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での畝の作り方|うねの立て方は、育てる野菜の種類によって異なります

種まきを行う時や、苗を植え付ける時に、畝を作る場合があります。畝(うね)というのは、畑の土を列のように盛り上げたものになり、広く畝を取る時には、ベッドなどの言い方をすることもあります。 畝を作るメリッ …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。 トマトの …

no image

よい野菜の見分け方|新鮮野菜を食べよう

オオバ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色である。 ミツバ葉は濃緑色でみずみずしい。根がしっかりしている。茎部が短く葉が大きい。 セロリ葉柄部の変色がない。全体にピンと張っていて濃緑色であ …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

カテゴリー

最近のコメント