ホーム » みんなの家庭菜園体験談

スポンサードリンク

みんなの家庭菜園体験談カテゴリの記事一覧

キュウリの栽培には2本以上の支柱が必要

枝に実を付ける野菜の場合には、かならずやっておくべき作業があります。
とくにキュウリなど、重たい実をつける野菜の場合には怠ってはいけません。


キュウリは成長すると2メートルの高さになり、キュウリの実は長さ20センチを超えるほど大きくなります。
キュウリ自体の幹や枝は、キュウリの実の重さを支えきれません。
もし支柱を立てないでいると、野菜は地面に実を横たえることになります。
そうすると地面で虫に食べられてしまい、しかも土に接しているので腐りやすくなり、せっかく実ったのに台無しです。

そこでキュウリを栽培すると、高さ1.5メートル程度の支柱を立てることが必要になります。
これはキュウリの実を守る措置であり、キュウリの幹が倒れないための対策でもあります。
支柱を立てることは、風対策としての役割として大きくなります。

支柱は市販されている、家庭菜園用の1.5メートル以上の頑丈な園芸支柱が良いです。
または長く頑丈な竹であれば、まったく問題なく使えます。
支柱はしっかりと地面に深く刺し、2本以上の支柱を交差させて立てます。
そうしないと大きく高く育つキュウリの重みを支えきれません。

キュウリの場合、一本だけの支柱では重みに耐えられず、強風が吹くと倒れる危険が高いです。
支柱は必ず横組みも行い、強度を高めるようにします。
支柱を立てたら、支柱と野菜をヒモでしっかり固定します。
キュウリは上に伸びていくように、位置を調節することも必要になります。

キュウリの苗木の数が多いのであれば、大規模な支柱を組み立てましょう。
しっかり地面に刺した縦の支柱を4本以上、横にも支柱を何本も組み合わせ、ヒモで固定して野菜棚を作ります。
野菜棚は頑強な構造であり、強風にもキュウリの重みにも耐えるものとなります。

スポンサードリンク

コンパニオンプランツで農薬を減らす|トマト、ナス、キュウリと相性のいい組み合わせは?

せっかく家庭菜園をするなら農薬や化学肥料を使わずに、安心・安全な野菜を育てたいで...

続きを読む

オクラ栽培に挑戦しました

妻と家庭菜園を始めました。私達は夫婦でオクラを育てる事にしました。私達夫婦は家庭...

続きを読む

カブの育て方|育てやすい品種聖護院大丸カブ

カブはスーパーで買うと意外と高く、中々手に入らないという方が多いですが、自宅の庭...

続きを読む

二十日大根の育て方|発芽しない失敗をなくす方法と間引き

二十日大根は、長い期間をかけず初心者でもお手軽に栽培できる野菜の一種だと思います...

続きを読む

Return to page top