初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キッチン菜園 ベランダ菜園 肥料・堆肥

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

投稿日:

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。
それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、
詳しく説明させて頂きたいと思います。

プランター栽培では、培養土の容量が少ないですから、畑での栽培と比べて、
肥料分を保持する土が少ないと言えます。

しかし、多めに与えれば肥料焼けを起こすこともありますので、
過剰に肥料を与えないように注意しなければなりません。

■肥料焼けとは?

肥料焼けは、根っこの持つ溶液濃度と比較して、
土壌の溶液濃度が濃くなってしまった時に発生するものです。

土壌の溶液濃度が濃くなった状態は、根が肥料を吸収しにくくなる他、
根の水分を奪ってしまうことに繋がるため、生長を阻害することになります。

スポンサーリンク

プランター栽培では、定期的な水やりが必要となりますので、
肥料は流れでてしまう部分も多く、肥料切れを起こしやすいと言えます。

そのため、速効性の高い肥料をこまめに与える方法や、
緩効性肥料をじわじわと効かせる方法が有効です。
こうすることによって、肥料焼けはもちろん、肥料切れを予防することができます。

■プランター栽培で育てやすい野菜

プランター栽培は、栽培期間の短い野菜が育てやすいと言えます。
特に葉物野菜などは、化成肥料の元肥だけでも充分に育てることができます。

それ以外の野菜を育てる場合は、緩効性肥料を元肥に施すようにし、
生育に合わせて、追肥を行う方法が良いでしょう

スポンサーリンク

-キッチン菜園, ベランダ菜園, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

窒素 肥料

窒素肥料とは|肥料の三大栄養素(N)の効果

窒素の必要性 生物の生命力は細胞の原形質にあって、原形質の約半分は窒素化合物です。 原形質の主成分はたんぱく質であり、たんぱく質は生命現象に重要な役割を果たす化合物です。 窒素はたんぱく質の構成文でた …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

カテゴリー

最近のコメント