初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

早生とか晩生ってどういう意味?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

投稿日:

種まき?収穫までにかかる日数のことを「栽培期間」と言います。
同じ野菜でも品種により、日数の違いがあり、それぞれ早いものから順に、
極早生種、早生種、中生種、晩生種、極晩生種となります。

一般的に、栽培期間が短い極早生種、早生種は病害虫にかかるリスクや、
管理の手間がかからないため、初心者に向いていると言えます。
また、短い期間で収穫することができるため、いろいろな野菜を育てる事ができます。

栽培期間の長い晩生種、極晩生種は、長い時間をかけることによって、
品質の高い野菜を収穫することができますが、その間の手入れはもちろん、
病害虫のリスクも高まり、上級者向けです。

晩生種は、畑を長期間使用してしまうこともデメリットとなりますので、
育てたい野菜や数などを考え、上手に組み合わせていくと良いと思います。

スポンサーリンク

最近は、ミニサイズのニンジンやダイコン、カリフラワーなどの品種があり、
栽培日数が短い野菜の選択肢が増えてきています。

確かに晩生種は、調理に使いやすいものも多いと言えますが、
そういった事も踏まえて、栽培期間の短いものをたくさん作るのも良いかも知れません。

また、畑のスペースは限られたものとなりますので、収穫の時期や、
作付けの時期などを考え、管理にかかる手間が一度に訪れないように、
上手く調節することも重要だと言えます。

例えば、ダイコンの場合、極早生種で50日?60日、晩生種では90日以上と
1ヶ月以上の差が出ることもあります。
育てたい野菜の品種を良く知り、決めていくと良いかと思います。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

カテゴリー

最近のコメント