ホーム » 野菜の育て方 » トマトの栽培・育て方|連作障害に注意!

スポンサードリンク

トマトの栽培・育て方|連作障害に注意!

phm03_0293-s.jpg

トマトは学名でLYCOPERSICON ESCUIENTUM、
食用になる「狼の桃」、フランス語では「愛のリンゴ」、
イタリア語では「黄金のリンゴ」 と呼ばれているナス科の野菜です。

 トマトの原産地は南米で、
日本では観賞用として栽培されていました。

現在のトマトの先祖は"チェリートマト"
といわれるミニトマトと考えられます。

 トマトが最初に日本に入ったのは
ヨーロッパから中国を経て 7世紀に導入されました。
本格的には、明治に入って
アメリカやイギリスから 導入され試作されました。

 トマトが大衆的な野菜になったのは
第2時世界大戦前後からです。
明治以降、洋食化に伴い、
トマトケチャップの普及で食用になりました。


完熟トマトはビタミンの宝庫とも言われています。
加熱して食べると甘味がひきたちます。

緑黄色野菜であるトマトは、
 各種ビタミン、ミネラル等を バランスよく含んでいるので、
 ガン予防、細胞の老化を防ぎ、 動脈硬化を予防します。

 特に注目されるのは
ミネラルのカリウムが 230mg/可食部100g 含まれていることです。

カリウムにはナトリウムのバランスを とって
高血圧を予防する効果があります。

【トマト栽培のポイント】

家庭菜園のトマト栽培で 元肥にチッソが多過ぎると、
 初期生育が旺盛になって、 第1~第2花房落花を誘うことになります。

 トマト栽培では元肥のチッソは控えめにして、
追肥で調整するようにしましょう。


また、トマト苗の定植適期の目安は
一番花が一部咲き始めた頃です。

これより若苗だと吸肥力が強くなりがちで、
落花や石炭欠乏症につながり易くなるので 注意が必要です。


 トマトは連作障害が出やすいので
 トマト、ナス、ピーマンの跡地には 3~4年つくらないようにしましょう。



野菜名

科名

原産地

トマト

ナス科

南アメリカ原産

学名

英名

和名

Lycopersicon esculentum

tomato

 

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月中旬~
4月中旬

4月下旬~
5月下旬

6月~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

土壌適応性が広い
pH6.4くらいが最適
過湿に弱い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

25~30

35

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

昼間25~30
夜間10~15

40

うね幅

条数

株間

180

2

40~50

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

2400

60~80ml

1600

花芽分化

播種後25~30日前後、本葉3枚展開、葉が8~9枚分化ころに花芽分化し第一花房をつける。花は両全花で自家受精。



⇒トマトの植え付け後の手入れ

⇒トマトのプランター栽培

⇒トマトの種類

⇒トマトが上手に育つコンパニオンプランツ

⇒イタリアントマトの育て方

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top