初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園で育てやすい野菜 家庭菜園ブログコラム 家庭菜園栽培の基本

野菜の分類|果菜類、葉菜類、根菜類に分けられる

投稿日:

野菜は、果菜類・葉菜類・根菜類の3つに更に分かれます。
これは、食べる部位によって分ける方法であり、アブラナ科や、ナス科などの、
植物学の分類方法とは違いますが、知っておくと便利です。

スポンサーリンク

果菜類

果菜類というのは、果実を主に食べる野菜のことです。
また、まだ未熟なうちの子実を食べる野菜もこの果菜類に含まれます。

子実を食べる野菜の代表格は、ピーマン・サヤエンドウ・スイートコーン・
ナスなどがあり、比較的、栽培期間が短いものばかりです。

成熟した果実を食べる野菜の代表格は、スイカ、メロン、カボチャ、トマト
などの野菜があります。

これらの果菜類の収穫期は、種類・品種などにより大きく異なるので、
開花・受粉を目安に考えて行きましょう。

葉菜類

葉・花・茎を食べる野菜のことを葉菜類と言います。
タマネギ、ホウレンソウ、コマツナなどの葉を食べるもの、
ブロッコリー、カリフラワーなどは花蕾を食べるもの、
アスパラガスなどが、茎を食べるものとしてそれぞれ分類されます。

スポンサーリンク

更に、結球野菜といって葉が丸くかたどるハクサイや、キャベツ、
レタスなども葉菜類の仲間です。

根菜類

地下部より収穫が出来る、根・茎を食べる野菜が根菜類です。
ダイコン・カブ・ニンジンは、私たちが食べている部分が根っことなり、直根類と呼びます。

また、茎の肥大した代表例はジャガイモなどがあります。
このように3種類の野菜に分類することが出来ます。

野菜を育てる上では、これらの同じ種類の野菜同士の場合、
種まきや、作業内容、利用面で類似点が多くありますので、参考にしてみてください。

⇒家庭菜園で育てやすい果菜類

⇒家庭菜園で育てやすい根菜類

⇒家庭菜園で育てやすい葉菜類

スポンサーリンク

-家庭菜園で育てやすい野菜, 家庭菜園ブログコラム, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の害虫は種類もいろいろ|ちょうちょの風景ものどかに思えない

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。チョウチョの止まる風景は、 非常にのどかな印象がありますが、家庭菜園にとっては、害虫です。 モンシロチョウは、野菜に止まり、アオムシの生まれる卵を産み付けます。 …

no image

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。 ■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメ …

野菜つくり

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、 栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかると …

no image

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜・葉菜類編

葉菜類の中で比較的難易度の低い野菜は、ほうれん草や、小松菜です。どちらの野菜の場合にも、1年中つくることが出来るのでお勧めです。 まずは畑に直接種を播きます。種を播く量は、家庭菜園で確保出来るスペース …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント