家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作り

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

堆肥を土に入れるとその分、土が軽くなりの中に隙間ができます。さらに堆肥に含まれる成分自体にも隙間があります。その結果、土がふかふかになり、土壌有機物が増えるので、通気性、保水性、排水性が良くなります。また有機物が分解されると腐食ができ、これが土の粒子をくっつけて土の団粒化が進みます。 土が団粒化すると土の粒の間にも隙間ができるためさらに通気性、保水性、排水性が良くなります。
家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 それを植物質堆肥といいます。 家畜糞と比べて、肥料分が少ないため、肥料効果は低いと言えますが、 土壌有機物を増やし、腐食することが出来、良い土を作るのに向いています。
家庭菜園の土作り

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を計測した上で、土作りをするのが効率的だと言...
家庭菜園の土作り

土壌のEC値は簡単に測定できます|家庭菜園の土つくりは土壌診断から

土作りは、闇雲に必要となるものを入れるだけでは効果が発揮されません。まずは、その土地の土壌診断を行い、現在の土の状態はどうなっているのか、pH(酸度)はどうか、肥料成分はどれくらい含まれているのかを知る必要があります。その後、その土壌に適し...
家庭菜園の土作り

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? 団粒構造の土を作るには、細かい粒子を結びつき合わせて、 団粒と呼ばれるかたまりを作ってあげることが必要です。
家庭菜園の土作り

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、透水性が高いという表現をします。しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。排水性が低すぎてしまうと、根腐れの原因とも...
家庭菜園の土作り

単粒構造と団粒構造とは|家庭菜園の土作りの基礎知識

野菜を良く育てるには、土の構造についても理解を深めておく必要があります。 この記事では、単粒構造と団粒構造、2つの土の構造の違いについて、 詳しく紹介させて頂きます。 ■単粒構造とは? 砂や粘土などの細かい粒子がバラバラに積み重なっている状態が、 単粒構造です。
家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作りで苦土石灰を使う|寒い時期の畑起こし

家庭菜園をはじめる方も多いですが、使える家庭菜園の面積というのは、限られているものであり、そこに他種類の野菜を植え付けることになります。そのため、野菜農家の方の畑と比べると土が過酷に使われているので、土壌改良をきちんと行わなければ、上手に野...
マルチング

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 土もたっぷりと使うことが出来るので、ベランダ菜園のような制約は ありませんが、いくつか地植えの場合の注意点がありますので、 紹介させて頂きます。
家庭菜園の土作り

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。重要な作業となりますので、風邪をひかないよう暖かい...
タイトルとURLをコピーしました