ホーム » 野菜の育て方 » じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

スポンサードリンク

じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

phfv059-s.jpg

じゃがいもの栽培のポイント

前年に自家で取れたじゃがいもは芽が伸びていたり、
ウイルス病にかかっている場合もあるので
じゃがいもの種イモは市販のものを使ったほうがよいでしょう。


じゃがいもは連作を嫌うので
ナス科野菜(ナス、トマト、ピーマンなど)を
2~3年作っていない畑を選び、
苦土石灰を散布して土とよく混ぜておきましょう



野菜名

科名

原産地

ジャガイモ

ナス科

南アメリカ

学名

英名

和名

Solanum tuberosum

potato

馬鈴薯
(ばれいしょ)

種まき時期

定植時期

収穫時期

 

2月下旬~
3月下旬

6月~

うね幅

条数

株間

60

1

30



じゃがいもの健康効果    

じゃがいものビタミンCは 加熱調理しても壊れにくいのが特徴です。
じゃがいもは「カリウムの王様」といわれるほど
カリウムを多く含んでいます。

カリウムは体内の塩分バランスを保つ働きがあるので、
腎臓機能の低下した人(透析をしている人は駄目)や、
 高血圧の予防や治療に効果があります。

じゃがいものおろし汁を土鍋で黒くなるまで
煮詰めて飲むと胃潰瘍に効果があります。

打撲・捻挫には、じゃがいのをすりおろして
酢と小麦粉を混ぜたものを患部に塗ります。

じゃがいもはガン、胃腸病、高血圧や風邪の予防効果があります。



よいじゃがいもの選び方

じゃがいもがふっくらとしていて、しわや傷のないもの。

じゃがいもがずっしりと重量感のあるもの。

じゃがいもの皮の緑がかったものは避ける。

しんじゃがは、皮の薄いもの。
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top